講師紹介


代表:佐藤 綾     

 

 【資格】

平成18年  理学療法士免許 取得

 

ピラティス指導者 パーソナルトレーナー

 

【経歴】 

養成校在学中から理学療法士の存在価値に疑問を覚え、あえて病院には就職せずフィットネスクラブに入社。社内認定を受けてパーソナルトレーナーとしても活動をする。

その後クラブが経営不振に陥り退職。整形クリニックのリハ立ち上げを主動し科長となる。しかし過去に保険の効かないパーソナルトレーナーという仕事を経験したことから、理学療法士は医療の中だけでしか生きられない存在なのではないかという疑問が拭えず、3年で辞職。

 

その後はマイクロジムをオープンさせる。(運動指導者資格も保持しているため違法ではありません。)

 さらに東京を中心に大手スポーツクラブや格闘技スタジオと契約しフリーのトレーナー、運動指導者として活動を広げる。

 

医療費削減政策がとられ理学療法士の収入が低下する中、パーソナルトレーナーは国の医療費を削減できる職種であり理学療法士こそがパーソナルトレーナーとして最もふさわしいことを啓蒙するべく活動を開始。自身の体験した事や考え、技術を後進に伝え続けている。

 

触診、トレーナー技術を中心に指導。2011年~現在まで約2千名の指導実績がある。

 

 

  

黒木 優 

【資格】理学療法士 NSCA-CPT

一般病院や訪問リハビリを経験。今まで習得したや運動指導技術をフルに使って活動できる場を求めパーソナルトレーナーとして活動を開始。(運動指導者資格も保持しているため違法ではありません。)

 

窪田 翔梧 理学療法士 フィットネストレーナー

 

急性期病院、通所リハ、訪問リハ、フィットネスジム、水泳のトレーナーなどで活動。早くから予防分野に興味を持ちフィットネスフィジオの門を叩く。知識のないトレーナーよりも理学療法士が目指す予防分野に邁進中。

 

信条は “自分自身が動ける理学療法士であれ”

運動療法にこだわりを持つフィジオである。

 

前野 州斗

【資格】理学療法士 パーソナルトレーナー

 

若くしてフリーのパーソナルトレーナーとして活動を始める。

現在は格闘技ジム内での会員のコンディショニングを務めている。

 

袴田 恵理子

・理学療法士

・ピラティス指導者

・医療機関・スタジオ勤務

 

ピラティスグループレッスンを担当。

 ピラティスやバレエを基調とした運動療法を指導。

 

玉乃 亜矢

【資格】

  • 理学療法士
  • インストラクター
  • 訪問リハ勤務

  現在お休み中。

 

  

外部講師:
佐方健二先生

 https://goshin.net/

 

国際統合徒手格闘技連盟 健武会 代表
・セルフディフェンス avoid 代表
・資格:BESJピラティス指導者 マスターストレッチトレーナー
・Fighting PILATES 考案者